日本語はこちら

The Hidden “Oriental Mystery”
State Hermitage Museum curator
Ilya Andretsov
The works of Kyoko KITO show signs of both Japanese and European traditions. Though she uses canvas and oil paint – materials and techniques of European origin – the ideas behind her paintings are Japanese. Her works hint at a hidden oriental mystery, with religious and philosophical implications, and are also meditative.
These features are most prevalent in the “Wind” series, which recalls a mysterious flow that changes the way you view the world. Our existence constantly changes, unconsciously, and so do our memories. It also makes one think of the ceaselessly changing seasons, and ultimately leads to the concept that in the endless universe, all possible events are occurring and reoccurring, time and again.
According to an ancient theory, the souls of all living people go through a cycle of rebirth. They reoccur in this world, but always in different lands, in different times. KITO expresses herself through her art, and by the act of creation seeks to be reborn. And the eternal souls manifest and inhabit the world she creates.
◎作品評論
“東洋的な謎”が隠されている
エルミタージュ美術館学芸員
イリヤ・アンドレツォフ
鬼頭恭子先生の作品には、日本の伝統とヨーロッパの伝統の双方が見受けられます。キャンバスや油彩など、ヨーロッパ由来の材料、テクニックを使っていますが、作品のもとになっているアイディアは日本のものです。そして東洋的な謎が隠されているように見えますし、宗教的かつ哲学的な意味合いが深く、瞑想的でもあります。
 これらの特徴は「風」のシリーズに最もよく当てはまり、この世の見方を変化させる不思議な流れのことを思い出させます。私たちの存在は意識せずに変わっていきますし、思い出も同様です。いつまでも変わり続ける四季の移ろいについても考えさせられますし、永遠の宇宙では全ての事柄が何度も起こったりするという考え方にも思い至るのです。
 昔からの説によれば、生きている人間の魂は、いつまでも生まれ変わっていきます。そして何度もこの世に現れてくるのですが、毎回、国や時代が異なります。鬼頭先生は作品を通して自分を表現しており、創作を行うことによって生まれ変わろうとしています。そして永遠の魂は毎回、先生が形作る世界に現れ、宿っていくのです。